小学校のプログラミング教育はなぜ必修に?大学受験に影響?準備することは?

プログラミング教育の必修化が2020年度より開始されました。

 

教育内容がわからないし親としても経験したことがないので子供に教えることは難しい。

 

たとえプログラミングを知っていても教えることができる人は極端に少ないのが現状です。

 

・プログラミング教育の導入の背景になにがあるのだろうか?
・プログラミング教育の導入は大学入試などにも関係するのだろうか?

と疑問や将来を心配している人も多いと思います。

 

人によっては、

 

・子供がプログラミングの授業についていけるか心配・・・

プログラミング教室に通わせたほうがいいのかな・・・
という声も聞こえてきます。
確かに、プログラミングを学んだことがなので不安に思ってしまうことはあります。
そこで今回は、まず小学校で行われるプログラミング教育の背景に焦点をあててみます。
その次に、小学校で行われるプログラミング教育の内容を見ていきます。
プログラミングを通して子供が身に付けられる能力を確認しておきます。
そして最後に、大学受験に影響するのかをチェックします。
この記事を読めば、プログラミング教育の内容を知って子供に何が必要なのかがわかります。

なぜ、小学校にプログラミング教育が導入されるのか?

急速な技術発展によりこれまでとは違った社会が形成されると予想されています。

 

将来どのような職業に就くとしても極めて重要であるから

あらゆる活動においてコンピュータが活用されるこれからの社会を生き抜くために必要となります。

 

あなたが毎日コンピュータを利用しない日はないと思います。

朝起きて寝るまでに、スマホ、電気炊飯、お風呂も自動で沸かしてくれます。

 

コンピュータとはあらゆる活動の中で切っても切れない関係で依存して生活しています。

 

それだけ多くの場面で活用され生産性を上げているのがプログラミングの技術です。

プログラムの動く仕組みを知っていると活用できるから

コンピュータがプログラムで動き、仕組みを知っていればより便利に活用できます。

 

事故や先天的に機能が失われた身体の一部にコンピュータを融合し、生活を送っている人もいます。

 

接客ロボットやお掃除ロボット以外にも介護・医療の分野でも社会進出している時代です。

現代の子供は社会人になる前に仕組みを知って活用できることが求められていきます。

 

 

子供たちの可能性を広げるため

小学生のうちからプログラムに触れるきっかけをつくり将来社会で活躍できる教育を目指します。

 

生活を見渡せばインターネットを使って連絡や買い物といった生活の手段として利用しています。

 

この流れはさらに加速され常時インターネットに繋がっている状態に世の中が変わってきています。

 

インターネットが必要不可欠になっている社会で子供たちの可能性を広げなければならない時代になっています。

 

 

具体的にどんなプログラミング教育が導入されるのか?

「プログラミング」という教科は増えない

算数や理科などにプログラミングを用いて、より理解力を深めるために役立てます。

 

算数では図形を描く場面で利用が考えられています。

コンピュータで図形を描く場合は、図形の性質を理解していなければ描くことが難しくなります。

 

既存の教科の理解力がなければコンピュータを活用することはできません。

 

 

プログラミング言語は学ばない

小学校ではプログラムの組み立てに必要な思考力を学ぶことをねらいとしています。

 

総合的な時間で学ぶと想定されている授業に、街の案内掲示板の利用があります。

 

案内掲示板で表示されるものを考え、より便利に活用するための表示を考えたりします。

 

小学校でプログラミング言語を習得することは目的ではありません。

 

どのような処理をどのような順番で行うと意図した結果になるのかを学ぶことになります

 

各学校の裁量にゆだねられている

決められたカリキュラムの中でプログラミングの授業をすることはありません。

 

通っている小学校によってプログラミングを通して学ぶ内容は異なります。

 

教師によってプログラミングの得意や苦手といった場面が出てくることが予想されています。

 

小学校ではプログラミングを通して「情報活用能力を育む」ことが求められています。

 

各学校によって「情報活用能力を育む」取り組みは難しいと言え個人で学ぶ環境を用意する必要もでてくると考えます。

 

 

自分の子供には何を準備させておけばよいのか?

プログラミングを個人で学ぶ環境を用意する場合を考えてみます。

その場合、プログラミング教室を活用して楽しみながら将来必要な能力を身に付けさせておくのが理想です。

 

プログラミング教育は中学校や高校でも引き続き必修化されます。

 

義務教育では「情報活用能力」の高い人材を育てることがねらいであり時代として求められていることです。

 

とはいえ、プログラミング教育を受けていない先生から身に付けることは難しいといえます。

 

プログラミング教育を専門に行っているプログラミング教室に通うことをおすすめします。

特におすすめしたいのはロボットプログラミング教室です。

 

なんでプログラミング教室ではなくロボットプログラミング教室なんだろう?

ロボットプログラミングでは、機械(ハードウェア)とプログラム(ソフトウェア)を同時に学びます。

プログラミングだけを学ぶ場合は、コンピュータ画面とにらめっこして試行錯誤する必要があるので動きのイメージが難しくて挫折してしまう人が多いよ。

だから実際にロボットが動くロボットプログラミングがいいのね!
ロボットプロブラミング教育で身に付けられる能力

 

  • 論理的思考能力

要素を組み立て順序良く並べてロボットのプログラムを動かす

 

  • プレゼンテーション能力

自分の作ったロボットを人前で自分の考えを発言する

 

  • 表現力

自分のロボットをどうしたら相手に理解してもらえるかを考える

 

  • 情報編集力

ロボットに必要な情報を調べて自分なりに整理・編集する

 

  • 思考力

ロボットが意図する動きにならない場合は何度も試行錯誤する

 

  • 協働力

仲間と相談しながら共同でロボットを組み立てる

 

  • 課題解決力

なぜロボットが意図する動きにならないのかを粘り強く向き合う

 

楽しみながら学べるロボットプロブラミング教育は理想の教育方法です。

僕が大学時代に、高校生でロボットプログラミングを経験している友人がいたけど、圧倒的な知識の差を感じた覚えがある・・・

大学受験に影響するの?

大学入学共通テストにプログラミングなどの情報科目を導入する方針が決められています。

 

政府が開いた未来投資会議で確認されていることです。

【大学新入試にプログラミング】 首相「現代のそろばん」 日本経済新聞 2018/05/17

 

理数の力を重視する教育へ

文系・理系の一方に偏るのではなく、両方の素養をもつ人材が求められます。

 

多くのデータを収集して分析できる力が求められるようになっています。

 

中学の技術・家庭科において計測と制御という理系の学習分野が盛り込まれていることからも理数の力を重視していることが読み取れます。

 

 

 

中学校と高校でも必修化される影響

プログラミング教育は2021年度に中学校で2022年度には高校で必修化されます。

 

義務教育を通じて横断的に「情報活用能力」を個人の基礎的な力として育成するためです。

 

基礎的な力と位置付けられている以上は大学入学共通テストにおいても問われることは間違いありません。

 

 

将来的にプログラミングは世の中で必須になる知識だから、早いうちに取り組むのがいいね

まとめ

プログラミング教育で求められることは「情報活用能力を育む」ことです。

小学校のうちに抑えておくポイントは以下になります。

 

    • 将来どのような職業に就くとしてもプログラミングは重要である

 

    • プログラミング教育は各学校にゆだねられているため個人で学習する必要もある
    • ロボットプログラミング教育で将来必要な能力を身に付けるのが理想

 

    • 大学入学共通テストにおいてプログラミングを問われることは間違いない
おすすめの記事