中学校のプログラミングで重要視されることは?技術に強くなるには?

小学校に引き続き中学校では2021年度からプログラミング教育が必修化されます。

中学校の技術・家庭科でプログラミングを学ぶことになります。

 

小学校からプログラミングしている子もいるからうちの子も中学から習わせたい
と考えている方も多いと思います。

技術・家庭科で学ぶプログラミング教育ってどんな内容なのでしょうか?

人によっては、

技術・家庭科の授業は5教科に入っていないから、そんなに重要ではないでしょ
という意見も聞こえてきます。
確かに、勉強よりか実習を経験することが多い教科であるといえます。

技術・家庭科の授業は将来的に必要となる衣食住の基盤となることを学ぶ教科です。

その教科の中でプログラミングを学ぶ意義は大きな時代の変化に対応するものといえます。

 

今回は中学校で行うプログラミングの授業はどんな内容なのか?何を重視しているのか?

その次に、中学生がプログラミングに強くなるためには今からなにをしておけばよいのか?

 

そして最後に、中学生が家庭でも学べて成長するためのプログラミング言語3選を紹介します。

 

この記事を読めば、中学生のうちに習得しておくべきことは何か?

成長できて役に立つプログラミング言語は何なのかがわかります。

 

中学校で行われるプログラミング教育とは?

ものの見方や考え方がこれまで以上に重要視されます。

 

プログラミングの授業ではなにが重要視されるのか?

実はこれまでにも中学校でプログラミング教育はありました。

 

ただ、これまでの授業ではプログラミングを制作することが目的となっていました。

 

2021年度からのプログラミング教育での大きな変更点は
    1. 制作後に問題を発見する
    2. 自ら課題を設定する
    3. 課題を技術的に解決する

 

具体的には、計測の機械を使って得られた信号により処理内容を変更する実習を行います。

 

得られる結果に対して改善できるところを見つけプログラミング技術によって課題を解決できるようにします。

 

技術的課題解決の取り組みは、企業のエンジニアに求められる資質に直結する内容となっています。

 

 

中学生のうちからプログラミングに強くなるためには?

小学校で習う算数を復習しておく

物事の大枠を数値としてとらえる力が大切です。

 

「フェルミ推定」という「ざっくりしたデータの中から推測する力」が必要です。

 

例えば、自分が住む区市町村における車の所有台数を推測するといった場合において

・自分の住む人口はどれくらいなのか?

・免許の保有率はどれくらいなのか?

・実際に車を所有している世帯は?

 

これらの推測に必要で絶対に小学校のうちに習得しておきたい算数の分野は次の3つ

 

    • 割合
    • 百分率
    • 分数

物事の全体を数として把握していると問題や課題解決できるヒントが多くなります。

 

ちなみに「フェルミ推定」にも、ものの見方や考え方が重要となります。

 

 

国語の読解力と作文力を鍛えておく

人の考えや行動を言葉にする読解力と表現力を磨いておく必要があります。

 

プログラムは人間の考えていることや行動を代わりに処理していることがほとんどです。

 

人とのコミュニケーションであれば以心伝心ができるものですがコンピュータにはそれができません。

 

コンピュータに指示を出すためには、自分の言葉をプログラミング言語に置き換えなければ命令できません。

 

そのために言語力を鍛えておく必要があります。

 

 

得意なことがもっと上達するために試行錯誤する力を磨く

プログラミングには論理的思考が求められます。

 

ものごとの結果を覚えるのではなく、その結果となる過程を観察し考察して答えを見つける。これを論理的に導き出せる力が必要となります。

 

例えば、スポーツの上達方法を論理的に考えてみることも興味深いことです。

・どうしたら試合に勝てるのか?

・どうしたら身体のエネルギーを使える動作になるのか?

 

時には、身体の仕組みや競技における原理・原則からセオリーを学んでみる。

 

そして論理的な思考を凝らしてみることがプログラミングでは役に立ちます。

 

 

 

中学生が家庭でも学べて成長できるプログラミング言語3選

プログラミング言語を段階的に学んで成長できるものを以下にご紹介します。

初級者向け Scratch

プログラミングをはじめて学ぶ人にとって最も適しているプログラミング言語です。

 

特徴

・画面に用意されているブロックをつなぎあわせることでプログラムが完成させます。

 

・基本を学ぶことができ試行錯誤することでプログラミングの理解が深まります。

 

・ブロックを移動する操作だけなのでタブレット端末でも気軽に学習できます。

 

 

中級者向け Processing

世界中で多く使われているJava言語を簡単にしたプログラミング言語です。

 

特徴

・初心者が簡単なプログラムを書いて動きを確かめることができます。

 

・無料のソフトをダウンロードしてすぐにはじめることができる手軽さがいいところです。

 

・プログラミングをして視覚的な実行が得られるため試行錯誤がしやすいといえます。

 

・中学校で学習するグラフや図形を簡単に描くことができ楽しく学ぶことができます。

 

 

上級者向け Python

処理できることが多い、最も注目されているプログラミング言語です。

 

特徴

・文法が簡単で誰が書いても同じプログラムになることが人気の理由でもあります。

 

・世の中の需要としてデータを扱う分野においての活用に優れています。

 

 

プログラムを書く上で重要なことは、誰が見ても理解できるようにしておくことです。

 

Python言語は理解しやすく初心者におすすめする言語の最大の理由でもあります。

 

 

まとめ

プログラミングの授業に重要な視点・考え方を知りプログラミングの授業に活かしていくためには

 

    • 作ることが目的ではなく、ものの見方や考え方が重要である

 

    • 物事の全体を数としてとらえ推測する力に必要な小学校の算数を復習する

 

    • プログラミングした結果が動きで確認できる言語から学び家庭でも学習する
おすすめの記事