超簡単!失敗しないプログラミング言語pythonの開発環境構築方法

Pythonを学ぶと、科学技術計算、機械学習、IoT機器の制御、webアプリ開発といろいろなことができるようになります。

 

そして初学者にとって比較的容易に習得ができるということも相まって、世界的に人気のプログラミング言語となってきています。

 

pythonを使いはじめるためには、開発環境を用意しなければなりません。

 

Pythonでプログラミングするにはどうしたらいいの?
開発環境を用意するって、どういうこと?
初心者がPythonでプログラミングをはじめるには、疑問が多すぎます。

Python本体をダウンロードすれば、直ぐに開発できるようになるけど・・・

実は、あまり使い勝手がよくないよねー

 

 

という声も聞こえてきます。確かに、

 

プログラミングをはじめたいと思っても、操作性がよくないと面倒になってきます。

それでなくても、プログラミングの学習を挫折する人が多いのが現状です。

 

そうならないためにも、開発環境をしっかり構築して操作性の良い環境にしておくのがベストです。

 

まず、Pythonを使うために必要な開発環境についての基礎知識を解説します。

 

その次に、実際にPythonの開発環境を構築する手順を見ていきます。

 

そして最後に、Pythonを実行できるかを試してみます。

 

この記事を読めば、

Pythonでプログラミングの練習ができる開発環境構築ができるようになります。

 

 

Pythonをはじめるには・・・

 

オフラインで練習できる環境を構築しよう!

pythonでプログラムを開発するためには、開発環境が必要になります。

開発環境は2通りの方法があります。

 

    • ローカル環境 自分のパソコンで開発可能

 

    • クラウド環境 どのパソコンからでも開発可能

今回は、自分のPCがあればオフラインでも使えるローカル環境でpythonの開発ができるように環境構築する方法を紹介します。

 

 

ちょっと待って!公式ホームページからPythonを入手

公式ホームページからPython(以後、本家Python)をダウンロード(DL)すると開発環境を容易に手に入れることができます。

 

本家Pythonにパッケージ化されているもの
    • 実行エンジン
    • 簡易な開発環境(IDEL)
    • ライブラリを管理するためのツール
    • 関連ドキュメント

以上のものがそろっています。

 

そのため、プログラムを書くエディタやPythonを機械語に変換するためのインタプリタをインストールしなくてもすぐに実行することができます。

 

IDELもあり実行できるけれど、あまり使い勝手がよくないよ

 

実践的な開発でも、機能が不足するよ

 

もっと便利な開発環境を手に入れよう!

PythonディストリビューションであるAnacondaとソースコードエディタであるVisual Studio Code(以下略VSCode)をDLして開発環境を構築する方法を紹介します。

 

なんかいきなり難しくなってきた・・・

 

大丈夫!
図もあるから1つずつ指示通りやれば、環境設定はすぐに終わるよ!!
Anacondaとは?
Pythonの本体に加えIDE(統合開発環境)の「Spyder」といった開発ツールなどを含み、特定の用途にあわせて機能を追加したパッケージを提供するもの

 

これをPythonディストリビューションという。

 

 

Pythonのプログラムを編集するために、ソースコードエディタを使用します。

プログラミング言語に特化したMicroSoftが無償で提供するVSCodeを使います。

 

VSCodeには、プログラミングの開発に欠かせない実行や検証するといった機能がそろっています。

 

Pythonの開発環境に必要なもの
    • Anaconda
    • VSCode

 

以下に、この2つをDLしPythonを使うための環境構築を行っていきます。

 

 

Pythonの開発環境を構築する手順(Windows

手順1.Anacondaのインストール

Anacondaのインストールは次のサイトから行います。

 

https://www.anaconda.com/products/individual

 

ページの下部にスクロールして、次の画面から自分のPCに該当するものを選びDLします。

 

DLしたファイルをダブルクリックするとインストーラーが起動します。

以下、画面の指示に従ってAnacondaのインストールを進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

以上で、Anacondaのインストールは完了です。

 

 

手順2.Pythonのバージョンを確認してみよう!

ここで、Anacondaに付属しているPythonのバージョンを確認しておきます。

 

 

 

手順3.Visual Studio Codeのインストール

続いて、Visual Studio Codeのインストールをしていきます。

Visual Studio Codeのインストールは、次のサイトから行います。

 

https://code.visualstudio.com/download

 

 

 

 

 

 

 

以上で、VSCodeのインストールは完了です。

 

手順4.VSCodeの日本語化

VSCodeをインストールした直後は、英語の表記になっています。

これを日本語表記に変更するために拡張機能を使い、機能を追加していきます。

 

日本語の機能を追加するパッケージをインストールします。

 

 

以上で、VSCodeの日本語化は完了です。

場合により、VSCodeの再起動が必要になります。

 

 

手順5.Python Extension Packをインストール

VSCodeでPythonの開発を行う上で便利な機能を提供してくれる「Python Extension Pack」をインストールします。

 

この機能を使うと、VSCode上でPythonを実行したり、プログラムの動きを検証したりすることができます。

 

 

以上で、機能拡張のインストールは完了です。

 

これでPythonプログラミングができる開発環境が整いました

 

やったー、これで思う存分Pythonプログラミングができる

 

 

まとめ

Pythonプログラミングをはじめるための環境設定方法を見てきました。

プログラミングは1つの言語を覚えると、他の言語の習得が容易になります。

 

まずは、プログラミング言語の中でも比較的容易に習得ができるPythonを使えるように学習しましょう!

 

おすすめの記事